即日融資可能なカードローンの審査とは?

近年、消費者金融会社やいわゆる銀行系カードローンだけではなく、銀行がカードローン事業を行うようになってきてから、それらの会社から「必要な時に必要な分だけお金を借りる」という事に強い抵抗感を持つ人は少なくなってきました。

 

さらに、競争の激しくなったカードローン事業において、利用者の獲得を図るため即日融資が可能なカードローンが増えて来た事も、利用者の増加に一役買っていると思えます。

 

即日融資は、お金が必要となったその日に借り入れを行えるだけではなく、他のカードローンに比べて審査が緩いという話もよく聞きます。しかし、即日融資が可能なカードローンはどうして審査が緩いのでしょうか。

 

即日融資は、借り入れ限度額が低めに設定されている場合が多い

 

即日融資では、借り入れ出来る限度額が他より低めに設定されている場合が多く、長期の借り入れではなく短期間に返済が見込めるのが大きな理由として挙げられています。

 

急ぎでお金が必要な利用者に融資を行うためには審査に長い時間を掛けられませんが、返済が滞ってしまうのも困るので限度額を低く設定する事で、これら双方の問題を解消しています。

 

カードローンの審査を早く行える理由

 

カードローンの審査自体が以前より早く行えるようになったのも、即日融資を可能にしている理由と言えるでしょう。現在、多くのカードローンでは「スコアリング方式」と呼ばれる審査を実施しています。

 

これは、カードローン申し込み時に記入された年収や職業といった個人情報を元に返済能力の有無を点数化したもので、この導入により審査時間が短縮され、即日融資が行えるようになったのです。

 

このように、即日融資の審査が緩いのには理由が存在します。とは言え、いくら審査が緩いと言っても、誰しも必ず通るわけではありません。特に注意すべきなのは、過去に延滞や遅延といった事故を起こしている場合です。

 

これらの情報は信用情報機関に履歴として残っているため、審査の段階で必ずわかってしまいます。そして事故履歴があるとカードローンの審査はより厳しくなり、場合によっては通らなくなってしまいますので気をつけましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800.万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日